人生初スマホMEMO

人生初スマホにXPERIA™XZsを購入しました。ぶん投げたくなる衝動を抑えつつ設定や使い方を覚えていきます。

「スマホカバー館.com」で注文した<本のスマホケース>を装着!の巻!

別に前編後編に分けなくてもよかったのですが、前回途中でだるくなったので…。

写真撮ったり貼ったり送ったりとかもあって、記事書くまでに疲れたので…。

あ、そうそう。ニュースマホカバーを装着する前に、まず、ドラッグストア500円スマホカバーを外さないといけません。

first-smartphone.hatenablog.com

first-smartphone.hatenablog.com500円のやつはべったり強力シール貼り付けるタイプなので、剥がしたら終了です。もう2度と使うことはできません。

シールが剥がれるだけじゃなく、カバー本体からなんか金具がびよーーーんって伸びちゃうんで。

覚悟はいい?!

目次

f:id:hawotaisetuni:20181202214927j:plain

まずは剥がした後処理をします

それで旧スマホカバーのべたべたシールを剥がして、きれいにしないといけないのですが、これはブックオフで古本買ってきて、読み終わった後に値札シールにすることと同じです。

f:id:hawotaisetuni:20181202215046j:plain

ちょっと自分の爪がアレだったので画像小さくしました。

シールはがして残った後のべたべたには消しゴムがいいですよ!

f:id:hawotaisetuni:20181202215208j:plain

その後消しゴムカスは、セロテープなどでぺたぺたとります。

何事もなかったかのように、Xperiaのつるつるボディ復活しました。

いざ、スマホカバー館の「本のスマホケース」をそうちゃーく!

f:id:hawotaisetuni:20181202215337j:plain

「装着!」

と、リキむほど力もワザもいりません。

この手のタイプは初めてですが、スマホカバーに貼り付いている透明な枠に、適当にスマホを差し込むとぴったりホールドします。

カポカポ外れちゃうんじゃ?というようなゆるみもありません。機種に合わせてあるだけはあります。ぴーったり!

ここかな…?もうちょっとこっちかな…?

と、微妙な位置調整が気になる、シールで貼り付けるタイプよりぜんぜんらくちんですね!

f:id:hawotaisetuni:20181203115401j:plain

横からチェックしてみても、上下ピッタリ合っています。

f:id:hawotaisetuni:20181203115441j:plain

TwitterなどのIDがあると、そのまま「著者近影」コーナーのようなものもつけ足せます。

機種で選べるので、カメラ穴もばっちり。

いままでの多機種対応のは、シュッと上にスライドさせて、スマホ本体をずらさないとカメラレンズが露出しなかったですが、本のスマホケースはそのまま撮影できます。

f:id:hawotaisetuni:20180222192440j:plain

前のはこういう風にずらさないと写真が撮れませんでした。

最初しばらくスライドできることに気づかず、「どうやってカバーにカメラレンズの穴開けようか」と、100円ショップの工具コーナーをウロウロしたりしていました。

カバーと本体の大きさも全然合ってないですね。500円の「多機種対応」だからしょうがないけど。

実は最初は100円ショップで買おうと思ってたのに、100均はどこもかしこもiPhoneばっかりなんですよね!Android完無視かよ!!

…となるとなおさらiPhoneなんか使ってたまるか!と言う気になります。

今回購入した「本のスマホケース」の種類

f:id:hawotaisetuni:20181203115755j:plain

でもこのスマホカバーにはiPhone版ももちろんありますけどね!!

新書的なデザインがおもしろいです。

電車の中でこのカバーつけたスマホいじってても、「あー、あのひと今どき紙の本読んで…あれ?!」と二度見してしまうくらいのバレ具合です。

…著者名の部分の向きを誤ったのが悔やまれますが、アルファベットは横向きが仕様のようです。

デザインは以下の5種類の中から選べます!

→ 【スマホカバー館.com】本のスマホケース

タイトルの文面と著者名は自分で好きに入れられます。

私のカバーは一番左端のデザインにしましたが、右端と右から2番目のとかなり悩みました。

たぶん世界で一つのオリジナルスマホカバーになったと思いますが、デザインが面白いのでプレゼントにもいいかもしれませんね!

手触りもふかふかで気持ちいいですよ~。

別のケースに変えるときは、空っぽのカバーを本棚に置いておくとまさに本みたいに見えそう。

-PR-